NordSamCom


NordSamCom

ネットにはまると引きこもりの原因にもなりうる

ネット依存症とは、常にインターネットをしていないと、落ち着かないイライラするなどの症状から引き起こされる症状のことを指します。

基本的に、タバコなどを吸うと吸わなくなると、落ちつかなるなどという感覚と同じであり、常にインターネットをしていないと、気持ちが落ち着かなく気持ちのよりどころがないことから、インターネット依存症の症状を引き起こすのです。

しかし、早期の段階でいわゆる軽度の状態で、家族や周囲の人が築き改善をしていけば、現実に戻すことも可能と言われていますが、そのままの状態が続いてしまうと、治療の期間も延びてしまい、元の生活に戻るまで何年もかかってしまうことがあります。

生活環境からの現実逃避や、職場や学校に行きたくない等の理由から、インターネット依存症になることもあると言われ、生活の空間の中に悩みを打ち明けられる環境があると無いとでは、依存から抜け出す期間も大きく変わります。

依存症になってしまうと、人間不信や感情のコントロールが出来なくなってしまう危険性があるので、他のことに興味を持ったり、病院に受診をして診断をしてもらうなどの対策も必要になりますが、軽度の依存症の場合は、パソコンから離れる期間があることで、気持ちが楽になりインタ-ネット依存症から脱却した事例もあります。